首頁 / 会社概要 / プロロジウム テクノロジー社の紹介

プロロジウム テクノロジー社の紹介

概要

  • プロロジウム テクノロジー社(PLG)
  • 創業年月日:2006年10月3日
  • 所在地:台湾 桃園
  • 資本金:11.38百万US$(2017年/末)
  • 従業員数:約360人(2017年12月時点)
  • 技術出所:100%プロロジウム テクノロジー社自己開発
  • 主要製品及び技術:LCB 固体型リチウムセラミックバッテリーセル
  • 製造:ピース式生産(2014)
  •             ロール式生産(2015)
  • 特許件数:167件 (既に承認済み:94件 /   特許出願中:73件

経営理念

イノベーション、品質、速度、サービス


プロロジウム テクノロジー社(PLG)は、創業当初1人で設立した実験室からコツコツと着実に7年間の奮闘を得て、296坪における試作生産工場へと規模が拡大し、今日の工場拡張によって、2300坪にも及ぶ生産ラインを稼動させるに至りました。弊社(PLG)の経営目標は:

最新の技術と商品を、迅速なサービスでもって、お客様と消費者に競争力のある、優れた商品を提供することで、人類の生活品質の向上に貢献してまいります。

弊社は創業以来、唯一イノベーションに富んだ技術を有する事で、お客様に本当の価値を与えられるものと確信しております。常に絶え間ない改善、優れた品質、素早い対応を提供することで、お客様に満足していただけることができ、且弊社の真心のこもったサービスを身を持って実感していただけるかと信じております。独特の技術開発能力は、めまぐるしく変化し続ける情報工業時代の中で、勝ち残っていくための鍵となっており、これも又弊社が業界内で勝ち続けることができる要因でもあります。

更に、卓越した指導者が技術革命による発明を成し遂げる以外にも、研究開発グループと、エンジニア部門の絶え間ない自我要求と進歩を追及し、且、我々スタッフ一人一人が、自分の職務を大切な事業の一つとして必死に努力することで、弊社は常に優れたテクノロジーでもって、世界の競合よりも優位のポジションを得ることができました。今後の展望については、弊社は絶えず優秀な人材を引き入れ、新しい血を注ぎ続けることで、更なる技術革新を打ち立てて、更なる経済規模の拡大を目指し、高度成長を持続させて参りたいと存じ上げます。

イノベーション

技術、商品、特許


プロロジウム テクノロジー(PLG)社はリチウムバッテリーセルの研究開発製造メーカーであります。弊社のコアとなる競争力はその独特な固体型リチウムバッテリのイノベーション技術にあります。弊社は、2006年末創業以来から今日まで既に7年もの歳月を得て、弊社は全世界に既に取得/既に公開された特許を51項目及び申請中の特許3項目を有しております。

特許範囲には製品、技術、機構(構造)/化学、システム、設備、製造工程、アプリケーション…等に及んでおります。弊社の商品は無論外観、又は技術面において、既に従来のリチウム電池を凌駕しております。大胆にもフレキシブルプリント基板と固体電解質でもって、リチウム電池の超スリム化(0.38mm)と形状の彎曲化実現させ、又より一層の安全性を確保することで、液漏れによる発火、又は爆発による心配が無くすことを可能としました。又、各領域での研究開発商品において、本商品を用いることで、設計面でより一層の柔軟性を持たせる事を可能にしました。全平面印刷、塗装の工程や設備も、弊社と業者が共同設計と開発を行なって完成させました。FLCBは、各種分野において、色々な市場へのアプリケーションの可能性を広げ、デバイス商品に優位性を持たせるといった貢献をし、競合他社が超えられない技術ハードルとしての障壁が形成されました。

顧客主導のサービスを提供いたします。


PLG社は、顧客一人一人の意見を大切にし、お客様の製品のカスタマライズに応じて、各種異なる寸法、接点、化学システム、高電容量/または高電圧システム…等のバッテリーセルを提供したり、積極的にお客様をサポートして新商品の共同開発をサポートし、又は横方向の異なる企業間での連合関係を結んで、垂直統合を加速させて参ります。弊社は常にベストな方法を模索すべく、常にお客様と相談し、ただ単に価値のある参考情報やサポートを提供するのみならず、お客様の必要に応じて、具体的にどのように各種技術を用いるべきか提案いたします。お客様に対しては、常にお客様をより良くするために専念し、お客様に対し更なる価値と競争力を付けられるよう、全力投球して参ります。


環境ポリシ-


  • ルールを守ること

  • 省エネ化と廃棄物減量化

  • 汚染を防ぐこと

  • 改善を続けること